交通事故で損をしない為にも弁護士にはすぐに相談

もし交通事故を起こしてしまった場合の対処法について

もし、交通事故を起こしてしまったらまず、警察へと連絡し、ディーラーの方へも連絡すると車の移動などスムーズに手配していただけます。連絡後、警察など到着する前に相手方とはなるべく話さない方がいいと思います。なぜかというと、もし加害者側であった時に、いろいろな話をしてしまうと警察からの事情聴取の際に相手側がどういう説明をするのかわからない為、話し方によってはもしかしたら不利になってしまうことがあるかもしれないからです。また現在では車の保険に加入していないドライバーの方も増えているようなので、事前に車の保険で弁護士へ相談依頼出来るようしていれば、弁護士の方へ連絡を行い弁護士に相談し、相手方と直接話さずに交通事故後の交渉などを進めていくことができます。またどちらかが保険に加入しており片方は保険に加入していないとなると、病院の通院費などどうなるのかなども交渉しなければいけなくなる為、そういう場合でも、弁護士へと相談できれば長い時間をかけずまた相手方とのやり取りも直接せずに進めていくことができるので、様々なトラブルにも対応できると思います。なので、もし交通事故を起こしてしまったという時は、当事者で解決できることではないので、必ず警察に連絡・事故後の対応に詳しいディーラーや弁護士へと頼ることが自分自身のメンタルやその後の対応などを円滑に対処することができるのではないかと思います。

交通事故に遭っても慌てず最善策を

交通事故に遭ってしまったときには、まずは怪我の有無、愛車の破損状況、警察への連絡、保険会社への連絡など、やらなければいけない事がたくさんあります。
しかし、保険会社への連絡だけで良いのでしょうか?
多くの方が高い車の対人保険料を支払っていますから、こんな時こそ、と思い、全てを保険会社に任せてしまうかもしれません。

保険において交通事故分野は特殊な世界です。
保険会社は被害者本人には相場の水準を下回る示談金しか提示しないようになっています。
なぜなら保険会社は慈善団体ではないからです。
会社の利益のために、必要最小限の保険料しか支払いたくないのです。
しかし、弁護士に相談すれば、必ず相場水準に近い金額まで示談金を上げてもらう事が可能になります。
弁護士事務所の中には、示談金の増額がなければ報酬0円、と看板を掲げている事務所まであります。
自信がある証拠で頼もしいです。

交通事故に遭ったことは不幸な出来事になります。
だからこそ、損になるような事は避けたいですよね。
交通事故の示談金などは、無料相談してくれる弁護士事務所がたくさんあります。もしも交通事故に遭った際には、すぐに行って相談してみましょう。
満足のいく対応をして貰えるはずです。

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

トピックス

一人で解決しようとせずに弁護士を通す

交通事故の示談は弁護士に依頼しよう 交通事故に巻き込まれた時というのは、その後の様々なことを想像して気持ち…

詳細を読む

交通事故で損をしない為にも弁護士にはすぐに相談

もし交通事故を起こしてしまった場合の対処法について もし、交通事故を起こしてしまったらまず、警察へと連絡し…

詳細を読む

交通事故に強い弁護士を選ぼう

交通事故の被害にあった時に弁護士に依頼すると賠償金が増えます! 現代社会に生きる以上、車と関わらないのは非…

詳細を読む

新着記事リスト

2018年07月26日
交通事故で損をしない為にも弁護士にはすぐに相談を更新しました。
2018年07月26日
交通事故が起こっても動じずに落ち着いて対処しようを更新しました。
2018年07月26日
一人で解決しようとせずに弁護士を通すを更新しました。
2018年07月26日
交通事故に強い弁護士を選ぼうを更新しました。

Copyright(C)2018 絶対に知らないと損する!交通事故に遭ったらすぐに弁護士へ All Rights Reserved.