交通事故が起こっても動じずに落ち着いて対処しよう

思わぬ交通事故に遭ったときのために

いつでも、誰の身にも起こり得る交通事故に遭ったとき、どのように対応すればよいか、あなたは知っていますか?特に話し合いがこじれがちなのが、相手のいる事故です。話し合いをスムーズに進めるために知っておくべきことはどのようなことでしょうか。
まず事故に遭ったとき、気持ちが動転して焦ってしまいがちです。そこで注意したいのが、焦って解決を急ぐあまり、その場で当事者同士で口約束をしてしまうことです。なんの専門知識もないままに、相手に言われるがまま賠償金額や過失割合等の約束をすることは避けましょう。交通事故の話し合いには任意保険の保険会社、そして場合によっては弁護士などの専門家が存在します。その場ではお互いの連絡先、保険会社の名前を交換することに留まり、後日保険会社と相談の上、話し合いを進めるようにしましょう。
そして、話し合いを進めていく中で、どうしても賠償金額や過失割合等に納得できない場合、弁護士に相談するという方法もあります。弁護士というと費用が心配ですが、ご加入の自動車保険に弁護士費用特約等、費用が賄える特約が付いている場合もありますので確認してみましょう。また弁護士が無料相談を行っている機関や事務所も存在します。あなたの地域の弁護士についてもインターネットで検索してみましょう。
納得のいく解決をするためには、焦らず、一人で何とかしようと思わないことが大切です。

交通事故にあったら慌てず交渉しよう

交通事故は、こちらがどんなに気を付けていても車を運転する以上多かれ少なかれ、遭遇する確率の高いものです。ちょっとした駐車場の出発の時にふと車が出てきたり、対自転車や歩行者であったり、ケースはいろいろあると思います。
そんな時、慌てずに対処するにはどうしたらいいか、まずは現場の状況をしっかり第三者に立ち会ってもらうことが大事です。自分側でも相手側でも金銭を伴う保証交渉が必要なケースであれば、必ず警察を呼びましょう。
警察の人に交通事故の事情徴収をしてもらい、初期の情況を記録してもらう。この記録が、弁護士さんを呼ぶときにも大事なポイントとなります。
例えば、ほんの少しの車体の傷でもクレームをつけてくるような人もいます。もしくは、あとから後遺症が出たといつまでもしつこく治療費を請求するような人もいます(実際、首などではそのケースもありますが、そうでなく治療費目的の人もいます)
そんな場合、自分だけでは対処できないと思ったら、迷わず弁護士に相談してみましょう。交通事故専門にやっている事務所もありますし、初回の相談や見積もりは無料のところも多いです。
敷居が高いと思わず、まずは慌てず警察を呼ぶこと。相手と冷静に交渉が出来ないと思ったら、弁護士などのプロの手を借りるのが良いでしょう。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

トピックス

一人で解決しようとせずに弁護士を通す

交通事故の示談は弁護士に依頼しよう 交通事故に巻き込まれた時というのは、その後の様々なことを想像して気持ち…

詳細を読む

交通事故で損をしない為にも弁護士にはすぐに相談

もし交通事故を起こしてしまった場合の対処法について もし、交通事故を起こしてしまったらまず、警察へと連絡し…

詳細を読む

交通事故が起こっても動じずに落ち着いて対処しよう

思わぬ交通事故に遭ったときのために いつでも、誰の身にも起こり得る交通事故に遭ったとき、どのように対応すれ…

詳細を読む

新着記事リスト

2018年07月26日
交通事故で損をしない為にも弁護士にはすぐに相談を更新しました。
2018年07月26日
交通事故が起こっても動じずに落ち着いて対処しようを更新しました。
2018年07月26日
一人で解決しようとせずに弁護士を通すを更新しました。
2018年07月26日
交通事故に強い弁護士を選ぼうを更新しました。

Copyright(C)2018 絶対に知らないと損する!交通事故に遭ったらすぐに弁護士へ All Rights Reserved.